安城市民防災フェア60

プレイベント「私たちの減災メッセージ」について

プレイベントに際し私たちは、産官学民のネットワークを示すため、安城市における初の試みとして、事業目的に沿った6つのテーマについて、参画団体の実務者 によるワークショップを4回開催し、発災から初動72時間の行動と減災ネットワークを考え、それを具体化するための行動を「私たちの減災メッセージ」として宣言文にまとめました。

そのプロセスと行動宣言をグループごとに発表し、福和伸夫名古屋大学減災連携研究センター長のコーディネートにより、来るべき海溝型巨大地震に対する、安城市における目指すべき減災ネットワークについて、パネルディスカッションを行い、考える機会とします。

ぜひ、皆さんの参加をお待ちしております。

※ プレイベントは終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

  • 当日の様子・「私たちの減災メッセージ」スライドこちらから
  • 「私たちの減災メッセージ」のパンフレット(内側)はこちらから

プレイベント「私たちの減災メッセージ」 のパンフレットを配布中です。 ご希望の方は、事務局までお問合せください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<プログラム>

平成24年11月18日(日) 安城市文化センター(1F)

13:00~ 開場
13:30~13:40 開会
         
主催者挨拶 永田 進 安城市副市長
13:40~15:30

参画企業・団体によるワークショップ成果発表マツバホール

「私たちの減災メッセージ」

安城市および近隣地区の企業・団体約50名が南海トラフの巨大地震に対し、産官学民がつながり、共助することが被害を最小限に抑えることになると考え、発災から72時間の初動期を、誰とつながり、どう行動するのかを、6つのグループで話し合い、宣言としてまとめました。
参加する産官学民の方々の減災に対する宣言をお聞きください。

 

テーマ及び発表者(所属)                     ※敬称略

要援護者支援を考えるグループ ~ 太田克子(鹿乗町内会)

自主防災組織&避難所を考えるグループ ~ 竹内信人(NPO法人C.S.ほっぷ)

防災学習・教育を考えるグループ ~ 野本久恵(生涯学習課)

災害ボランティアを考えるグループ ~ 竹内 綾(安城市社会福祉協議会)

企業・公益団体の地域連携を考えるグループ ~ 坂入和彦(八千代病院)

情報ネットワークを考えるグループ ~ 伊藤健太(NPO法人NPO愛知ネット)

 

福和 伸夫 先生 

   コーディネータ:
 福和 伸夫 氏 (名古屋大学減災連携研究センター長)
 

 

 

<会場案内図>

プレイベント会場案内図

 

<アクセス>

会場 : 安城市文化センター

〒446-0041 安城市桜町17番11号
TEL 0566-76-1515
 

文化センター外観

 

 

 

 

 


大きな地図で見る